FX口座開設マニュアル

FXの口座開設に関して情報を発信中です!
ページの先頭へ
トップページ > 外貨預金もFXも為替レートの差益による利益を目的と

外貨預金もFXも為替レートの差益による利益を目的と

外貨預金もFXも為替レートの差益による利益を目的とした外貨投資の方法になります。

外貨預金と外国為替証拠金取引とでは利用する金融機関が違い、外貨預金を利用する場合は、銀行や信用金庫、FXを行う場合は、証券会社やFX業者を経由します。外貨預金は預金により、お金を増加させるので、為替レートがゼロまで落ち込まなければ資産を全て失う心配はありませんが、外国為替証拠金取引の場合は、資産を全て失う確率がゼロではありません。

スワップ投資だからとはいっても、必ず儲けが出るというわけではございませんし、損となることもありますでしょう。

FXの初心者がスワップ投資を行うときには、低い設定にレバレッジをしておくことが重要です。

また、どのFX業者に口座の開設をするのかも、非常に重要なことです。

FX会社が倒産した場合、入金しておいたお金が返却されないことが考えられますから、信頼性をよくチェックして選んでください。また、レバレッジはメリットがある反面、デメリットともなり得ます。

自分の元手より多い金額を扱うことが可能なのは良いことですが、上手に使わないと大きな損失を負う結果となるのです。

FX投資は、簡単にいうと円と外国のお金の取引の差額によって儲けを生むというものです。投資初心者でも、すんなりと儲けられるとして流行ったこともありますが、稼ぐ機会はあるものの、多大な損が出ることもあります。

損失が出る可能性を考えた上で始めてください。

安直にFX投資に手を出して損した人も多いです。外国為替証拠金取引投資ではロスカットによって、損失が今より広がるのを防止することができます。

マーケットプライスは決して自分の考えた通りに変化するものではありません。

損失をできるだけ増やさないためにも、積極的で強い心意気を持ってロスカットをやることがすごく重要です。

そうするためにも、ロスカットに関するルールを作るようにしてください。FXを本業にするのならば、本業における収入と同じだけの利益がFXで手に入れられるかどうかです。

本業がきちんと存在し、副業としてFXに投資しているならば、そのプレッシャーのなさもあって、ひょっとして本業よりも利益を上げることができていたかもしれません。しかし、FXを本業にするとなると、それなりの圧迫感があります。

外国為替証拠金取引には専門用語がいくつかありますから、FX初心者の方は、頻繁に使用される専門用語を記憶した方がいいでしょう。

FXにおけるポジションもFXで投資を行う場合に専門用語の一つとして、よく使用されます。

ポジションというのは、直訳では「位置」となりますが、FXにおいては「持ち高」のことを意味します。持ち高というのは、その人が通貨を持っている状態のことをいいます。

近年では、FX業者は数多く存在しますから、口座開設をどの業者で行うのかを用心深く考察してください。

口座開設を行うのはさほど厄介なことはありませんが、必要以上に口座を設けると口座の切り盛りが難しいです。

初めて口座を開くとキャッシュバックと謳うキャンペーンに惹かれないで、その人に適するFX業者を取捨選択しましょう。FXのスワップインベストメントをする場合、一番にまず、外国為替証拠金取引業者選びが肝心です。

その理由は、スワップポイントそのものがFX会社によって異なりますし、わずかちょっとの違いでも短くない期間、持っておく上では大きな差になってしまうからです。

また、信頼性の高い外国為替証拠金取引ディーラーを選ぶということも重要です。

日経225とFXはどっちの方が稼げるのか、気になっている人もたくさんいるのではないでしょうか?これはかなり難しい問題で、個人個人で異なると考えた方がいいかもしれません。

二つとも投資という共通する点はありますが、何カ所か異なるところがあるので、そこを捉え、どちらが自分に合っているのかを判断するのが一番でしょう。FX業者によっても取引システムには差異があり、自分に合うところと合わない業者があります。それを実感するためにも、模擬取引を利用することには意義があります。さらに、FX業者の中には、賞品がもらえるところもあります。上位に入賞できれば外車などが賞品となっているデモトレードもあり、本気になることができるでしょう。

FXは、日本語でいうと外国為替証拠金取引という意味のことで、ドルとユーロなど異なった通貨同士によって行う為替取引です。

為替の相場は日々変動するものですが、FXはその動きを利用することによって通貨同士による売買を行い、為替による差益を得る投資法です。

近頃では、低収入でも始められる外貨投資法として、日本でも人気が高まっていますね。

FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼るとそうそう利益はあげられないでしょうから、チャートを読み解く分析力は必要です。

フリーでも高機能のチャートソフトやアプリもいろいろありますので、自分に合ったものを見つけて、売買のよりよい機会を導き出すとよいです。それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、いろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、広く知っておくと必ず役に立ちます。

投資に興味を持つ方が何かを始めてみたいと思ったときに、株とFXならどちらが良いのか迷われることもあるでしょう。初心者の方には株のほうがFXと比較すると安全であると言えるのかもしれません。

株だった場合、万が一、購入したときより株価が下がった場合でも、いつまでもプラスになるまで待ち続けることができます。

FXの場合は、どの通貨のペアを選ぶかが重要なポイントになりますが、初心者にとっては何をどうすればいいのか全く分からないでしょう。

わかるためには、ある程度の時間が必要になり、全く分からない状態で取引を開始してしまうと失敗する事例が多いです。

一方、日経225においては投資の対象が日経平均株価であることから、個別の銘柄を選択する必要がなく、手軽に投資できるといえます。FX投資で利益を出すためには売買ルールが重要だといわれていますが、FXの運用規則とは簡単にいうと投資における守るべき規則のことです。ルールに従って、取引をすることで、リスクを最小限にでき、勝つ確率が高くなります。このルールは自分で作成しても問題ありませんが、自信がなければ成功者の規則を真似ることをお勧めします。

様々な投資がありますがFXでも他の投資でも、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。

投資というのはその性質上、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりなら一番重要な鍵を握る点となるでしょう。

受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、作ったそれはとても大切な命綱ですから曲げたりせず徹底して守ってください。投資の中でもFX投資をしているのならば、経済指標の発表日程はとても大切ですから、必ず確認しましょう。

経済指標の結果次第では、生き物のように相場が変動することがありますので、動向に注目するようにしましょう。

FXで使えるアプリは沢山ありますが、経済指標の発表前にうっかりしていても安心できる機能がついているものもありますし、FX業者が、利用者のために忘れないようにアラート機能を提供しているので、利用するのもいいでしょう。

FXはレートの上昇が利益となり逆にレートが下がれば、損失です。

ですから、単純に考えるとFXでの勝率はすなわち二分の一といえます。

ですが、実際に勝てる確率は、5パーセント〜10パーセント程度とされています。

勝率が低いのは、レートの上下がない状況もあることが挙げられます。FXをするに当たってはスプレッドは狭いほうがお得となります。

スプレッドの差が広いほど利益が出るまでに時間がかかってしまいますし、リスクも大きくなってしまいます。

特にビギナーの方は、スプレット幅の設定が狭いFX業者を選んだほうがよろしいでしょう。

併せて、スキャルピングトレードやデイトレードも、スプレッドが狭いと有利とされています。

流行りのFX投資ですが、これで利益を出すことができたらそれは当然課税の対象ですので、税金の払いもれには細心の注意を払っておきましょう。巨額の利益をFX投資で手に入れたというのにそのことを申告しないでいたために、税務署に詳しく調査されて追加の税金を払う羽目になった人も実在します。

金額の目安は20万円以上と考えておけばいいでしょう。

それ以上の利益を出した場合には、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

FX投資の一つの魅力は、レバレッジがというものがあります。

このレバレッジという言葉をそのまま訳すと「てこ」という意味の名詞で、取引保証金(証拠金)をFX業者に預けると、その金額以上の取引を可能になることを指します。どこまでレバレッジをかけられるかはFX業者によって異なりますが、規制前と比較するとわかりますが、その倍率は低下してきています。FXでのスワップというのは、外貨を購入する時に借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差額のことを指します。スワップと呼ばれることも少なくありませんが、正確な専門用語としては、スワップ金利及びスワップポイントと呼称されています。

このスワップ金利は、日々変わっており、その通貨を持っている限り受け取れます。FXでは取引を始めようとする以前に業者に対し保証金を預けなければならないのですが、レバレッジを使用するとこの預けた保証金に対し、数倍から数十倍程度の金額まで取引ができるようになるのです。

レバレッジを用いることでリターンを大きくしていくことができますが、また同じようにリスクもより大きくなる可能性があるのです。株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。

取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに取引が活発になり相場が動きやすいとされています。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで大きな為替相場の変動があったりするので、留意しておく必要があります。

相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか調べておくと良いですね。

FXではスワップポイントという名前で呼ばれる金利のようなものを毎日受け取ることができます。

この金利は日本の金利と比較するとかなり高いため、スワップポイントを当てにFXによる投資を行う場合も少ないとは言うことができません。

FXは危険があるということを理解しておけば、手軽な外貨投資法です。

FX投資というのは運だけでは利益は出せないでしょう。そもそもFXとは、FXの仕組みをよく理解できていないと絶対続けて利益を生んでいくことはできません。

FXに関連する本などで学んだり、繰り返しシミュレーションをして利益を生むにはどうすればいいかじっくりと考察していくことが大切です。FXの模擬取引をすることで、わかりにくかった取引方法を確認することが可能です。FXは他の金融商品よりも分かりやすい面もありますが、実際に経験してみないと判明しないポイントも少なくないので、FXの模擬取引で、きちんとどのようなものなのか吟味してください。初めてFX投資をする方は、絶対に体験した方がいいでしょう。

FX投資を始めようと考えてる人は、わずかでも良いので専門用語を開始する際に暗記しておきましょう。

専門用語をご存知でないとスムーズな取引が不可能なことがありますから、暇な時にでも、勉強しておいた方が良いです。例えると、レジスタンスラインやサポートライン、リミットオーダーなどの頻繁に使用される言葉の意味はきちんとご理解ください。

外貨預金は、外貨と円を交換する際に、手数料を銀行へ払わなくてはいけません。しかし、FXの場合は、ゼロ手数料でたいていの業者と取引が行えますので、割と軽い感覚で取引を行えます。ですが、レバレッジという仕組みを使わずに長期的に資産を運用していくのであれば、倒産のリスクなどを考えて銀行に資産を預けてしまうほうが安心安全です。

関連記事

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2014 FX口座開設マニュアル All rights reserved.